住宅価格が大暴落する可能性は低い?

2022-11-15 住宅市場動向 adminc

昨今、住宅価格の下落が話題となっておりますが、

高金利にも関わらず住宅価格が大きく下落していない主な要因は住宅在庫が極端に不足しているからです。

住宅在庫が増えない限りは住宅価格の下落は緩やかなものになると考えます。

また、現在の住宅を保有している人(=売り手)は、住宅購入時の住宅ローン金利は今よりも大幅に低い時に購入しているため住宅の含み益も厚く、売り急ぐ必要はありません。

買い手としても高金利であるがために買い急ぐ必要がなく、賃貸住宅へ流れています。

さらに、リーマンショック前とは異なり、サブプライム層の購入は限定的であること、借り手の信用スコアは高いこと、延滞率は過去最低水準であることから、金融システムが崩壊する危険性は低いと考えられます。