冷めても熱い住宅市場

2023-05-17 住宅市場動向 adminc

今春、通常よりも住宅の売却件数は少ないですが、売却が行われる物件は速やかに移り、限られた物件数に対して需要がある状況です。

インフレ報告書によると、価格上昇の緩和が進んでおり、連邦準備制度理事会(Fed)は来月の利上げを一時停止する可能性が高いことが確認されています。

 

供給不足と高金利が米国の住宅販売を抑制し、春のホットな住宅購入シーズンに入りました。価格上昇の緩やかな減速が見られ、住宅ローン金利は今後数ヶ月間ほぼ現状のままとなる可能性があります。これはFedの利上げ策がインフレを緩和するために効果を発揮しており、6%以上の住宅ローン金利や過去最高の月々の支払いにより、一部の購入希望者が市場から排除されていることを反映しています。

物件の新規リストは、5月7日までの4週間で前年比で19%減少し、保留中の住宅販売は前年比で16%減少しています。これは物件数の不足と、6%以上の住宅ローン金利や過去最高の月々の支払いによって市場から排除された購入希望者の存在を反映しています。

 

しかし、在庫の不足にもかかわらず、保留中の販売件数は先週から増加しており、これは通常この時期に行われることではありません。また、季節調整済みのデータによると、住宅購入申し込みも5%増加しています。購入希望者の数は少ないですが、意欲的であり、売却される物件の約半数は2週間以内に売れる状況です。この割合は先月から増加しており、通常はこの時期には起こりません。

 

Redfinの副主任エコノミストであるTaylor Marr氏は、

「今年の住宅市場は活気がありつつも制約もある状況です。限られた物件数のために通常よりも活発ではありませんが、速く競争的な市場です。良いニュースは、購入希望者が存在し、椅子取りゲームで座席を見つけようとしていることです。悪いニュースは、十分な数の座席がないことです。」と述べています。