米債務上限の超過がアメリカの住宅市場に与える影響

2023-05-26 住宅市場動向 adminc

アメリカの債務上限が超過された場合、それは自然災害のように住宅市場に打撃を与えます。

ハリケーンや大雪などの大規模な気象イベントが起こると、直接の被害を受ける地域では住宅の売買活動が急激に減少します。例えば、2022年10月にハリケーン・イアンに直撃されたフロリダ州の3つの都市では、オファーを受け入れた住宅の数が前年比で50%以上減少し、全米の減少率の2倍となりました。 しかし、これらの市場は大部分が新年には回復しました。アメリカが債務上限に達し、議会で国の借入限度を引き上げる取引がない場合、住宅市場にも同様の影響が出ます。混乱の間は住宅売り手と買い手が一時的に市場から離れますが、塵が落ち着いた後に戻ってきます。    

債務上限危機で最も被害を受ける地域:

アメリカは2023年6月から8月の間に債務上限を超過する可能性があります。その場合、アメリカはデフォルトを回避するため、連邦従業員、請負業者、ベンダー、または社会保障受給者に対する支払いを行わないかもしれません。この経済的な災害の長さと深刻さは、議会が限度額を引き上げるまでにどれくらい時間がかかるかに依存し、それは両党の協力にかかっています。 この経済的な被害は、連邦従業員、請負業者、ベンダー、軍関係者などが多く集中しているワシントンD.C.やバージニアビーチなどの地域で最も深刻になるでしょう。収入が減少する人々は、家の購入などの大きな財務的な取引には慎重になるでしょう。 フロリダやメインなど、高齢者の割合が最も高い地域では、社会保障支払いの不足から最も混乱が生じるでしょう。社会保障収入に頼っている退職者は消費に消極的になり、これがこれらの地域の経済に打撃を与えることになるでしょう。経済活動の減速は、全体的な住宅購入にも影響を与える可能性があります。 一方、ソルトレイクシティやミネアポリスのような地域は、比較的若い人口と少数の連邦従業員を抱えているため、影響を受けにくいでしょう。  

住宅ローン金利の変動性:

住宅市場全体は住宅ローン金利の変動にも影響を受ける可能性があります。債務不履行の可能性が金利を上昇させます。なぜなら、デフォルトの可能性により、住宅ローンを含むすべてのアメリカの投資がリスキーになるからです。しかし、景気後退のリスクが増えると、住宅ローン金利は減少します。ホワイトハウスは債務デフォルトにより数百万の雇用が失われ、経済成長が減少すると述べています。このシナリオでは、経済成長を促進するために連邦準備制度理事会が短期金利を引き下げる必要があるため、金利は下がるでしょう。2011年8月に債務上限が超過した際は、住宅ローン金利は下がりました。  

家を購入する予定の人が知っておくべきこと:

もし今年家を購入する予定がある場合、債務上限が超過された際に住宅ローン金利が改善される可能性があります。ですから、ニュースを追い、貸金業者に最新情報を提供してもらうようにお願いしましょう。ただし、住宅ローン金利が下がる代わりに上がる可能性もあります。両方のメリットを得るためには、フロートダウンオプションを使って現在の金利を確定させましょう。フロートダウンオプションを利用すれば、住宅ローン金利が下がった場合に利益を得ることができます。 ただし、比較的低い金利を得ることができたとしても、経済の不確実性により売り手が市場から離れる可能性があります。在庫不足は特に深刻であり、新規リスティングは既に昨年からほぼ20%減少しています。供給不足は市場での住宅競争を増加させる可能性があります。準備をしておくために、事前に住宅ローンの承認を受けておき、Redfinなどの不動産アプリで自分の条件に合う物件のアラートを設定しましょう。そうすれば、他の人に先手を打たれる前に迅速にオファーを出すことができます。  

家を売る予定の人が知っておくべきこと:

債務上限の超過が経済や住宅ローン金利にどれほどの影響を与えるか不確実性があるため、多くの売り手が市場から離れると予想されます。もし金利が下がるなら、市場に立ち向かう勇気を持つ売り手は低い金利を活用したいと望む買い手から複数のオファーを受けることができるかもしれません。しかし、金利が上がる場合、売り手は買い手とマッチングするのがより困難になるかもしれません。  

住宅販売と価格:

全体的に、多くの売り手が不確実性により市場から離れると予想されます。売り手は家をデビューさせるたった1回のチャンスしかありませんが、買い手はオファーのタイミングをより柔軟に選ぶことができます。したがって、債務上限の超過は需要よりも供給を制約し、住宅販売の数量を価格よりも大きく減少させるでしょう。そして、債務上限が解消された後、住宅市場は通常に戻るか、少なくとも2023年の通常に戻ることでしょう。