在庫不足と高金利の影響

2023-06-26 住宅市場動向 adminc

現在の住宅市場は、6%未満の低金利で住宅ローンを借りている人が多く、売り手が不在のため住宅在庫は減少し続けています。この傾向は、FED(連邦準備制度)が政策金利をさらに数回引き上げる可能性があると発表したことにより、おそらく今後も継続するでしょう。少ない住宅在庫が販売を抑制していますが、多くの人は未だに住宅の購入に興味を示しています。

米国の販売用住宅の総数は、2023年6月11日までの4週間で前年比6%減少し、13ヶ月ぶりの最大の減少となりました。新規リスティングも23%減少し、10か月連続で2桁の減少が続いています。これは、パンデミック後の在庫不足が深刻化していることを示しています。現在の在庫数は、2018年6月から5年前と比べて39%減少しており、住宅建設の不振とパンデミック中の低金利からの急速な上昇が主な原因です。

住宅建設の不振は10年以上続いており、住宅ローン金利はパンデミック中に記録的な低水準にまで下落し、その後急上昇しました。2021年以来、住宅ローン金利は2倍以上に上昇し、前週は7%近くに達しました。2020年と2021年の低金利は、住宅購入ブームを引き起こし、在庫を枯渇させました。しかし、2022年の始めから金利が上昇すると、多くの売り手が売却を控え、在庫不足が深刻化しました。高い金利は、比較的低い金利でローンを借りている今の住宅所有者たちを売却から遠ざけています。

 

多くの人々がまだ住宅に興味を持っており、住宅ローンの購入申請は先週8%増加しました。Redfinの住宅購入需要指数(Redfinエージェントからのツアーやその他のサービスのリクエストを測定する指標)は過去2週間で上昇し、1年ぶりの最高水準に近づいています。これは、多くの購入希望者が市場に物件が掲載された時に即座に動く準備ができていることを意味しています。今は需要が供給を上回っているため、住宅価格の急落は抑えられています。

Redfin住宅購入需要指数は、2023年6月11日までの週では前週とほぼ変わらずであり、2週間前と比較して上昇しています。前年比では7%増加し、3年連続で年間増加が続いています。 2022年のこの時期は、住宅ローン金利の上昇に伴い需要が減少していました。Googleの「売り物件」の検索数は前月比で15%増加し、前年比では約10%減少しています。ツアー活動は2023年6月11日時点で、今年の始めから20%増加しており、前年同時期の4%増加と比較しています。

 

6月に発表されたFOMCでは、今後数か月間は住宅ローン金利の減少は期待できないことが示されており、新規リスティングが当分低調な状態が続き、在庫不足は深刻化する可能性があります。最新のインフレ報告によれば、物価の上昇は緩和されており、FEDは利上げを約1年ぶりに一時停止すると発表しましたが、今年中にさらに数回の利上げが行われる可能性があります。

 

Redfin社の経済研究者であるチェン氏によると、 「FEDによる金利の引き上げ示唆は、住宅購入希望者が望んでいないことです。住宅ローン金利は高水準が続く可能性があり、むしろもう少し上昇する可能性もあります。金利の下落を待っている人々は、近い将来それが起こることはないと知っておくべきです。予算内かつ希望条件を満たす物件が市場に出た場合、それ以上待つ理由は無いのです。」