投資・運用事業

Service

当社は2006年より日本株ロング・ショート戦略を運用してまいりました。
2020年からはオルタナティブ投資、特にプライベート・デットの運用を開始し、
現在では当社の最も得意とする領域の一つとなっております。

Service

サービス概要

プライベート・デット

private debt

プライベート・デットはリスクを抑えつつ安定したリターンを求めている方に適しています。
当社は世界中から厳選したファンドを提供しております。

米国住宅開発業者向けリノベ・
ローン(RTL)

RTL(Residential Transitional Loan)
は、住宅開発業者向けリノベローンに投資を行うファンドです。

リノベ・ローン(RTL)とは

  • 01

    RTLは Residential(住居用) Transitional(改築・改装前後の移行期)Loan(ローン) の略であり、米国中古住宅市場における改装・改築に特化したビジネスローン(事業融資)となります。

  • 02

    「貸し手」はノンバンク、「借り手」は不動産開発業者で、フィンテックなどを活用し、効率的かつ迅速的な審査を行い、不動産の購入資金及び改装・改築資金を融資します。なお、貸し手が銀行、借り手が個人である住宅ローンとは異なります。

  • 03

    多くの場合、不動産に抵当権を設定し、その担保に対する保守的な掛値(LTVLoan to Valueの略語で、不動産の資産価値に対するローンの比率)で融資を行います。

  • 04

    1年前後 融資期間は短期で、概ね1年前後。

scroll

弁護士事務所向け貸出

弁護士の活動費用(裁判費用・調査費用等)に投資を行う、一般的にアクセスが難しく希少なファンドです。

訴訟ファンドの世界 取引関係図

日本株ロング・ショート

Long/short Japanese equities

ロング・ショート戦略とは、将来的な成長が見込まれる株式を購入(ロング)し、現在過大評価されている株式を売却(ショート)する戦略です。株式市場変動の影響を最大限に軽減しつつ、安定的なリターンの獲得を目指します。

日本株ロング・ショート
戦略ファンドの特徴

株式市場変動の影響を軽減しつつ、安定的なプラスのリターンを目指します。

※ロング・ショート戦略とは、将来の成長が見込まれる株式を買い(ロング)、過大評価されている株式を売る(ショート)戦略です。