低在庫が価格を支える、住宅市場に待ち受ける光明

2023-06-05 住宅市場動向 adminc

住宅ローン金利上昇と在庫不足により一時的な低下傾向にある住宅購入需要、しかし購入意欲は依然高まる

 

最近の住宅市場はいくつかの課題に直面しています。住宅ローン金利が7ヶ月ぶりの高値に達し、限られた住宅供給が潜在的な購入者を尻目に置いています。しかし、金利が低下し、さらに物件が市場に出回れば、多くの人々が住宅を購入する準備ができています。

 

過去1年間の住宅販売留保は17%減少しましたが、これは特に注目すべき数字です。なぜなら、住宅ローン金利が5%を超えた昨年6月の同時期から住宅販売留保は既に減少していたからです。

 

住宅購入需要の指標である住宅ローン申請とRedfin社のHomebuyer Demand Index(住宅購入者需要指数)は、前月比で約7%減少しています。ただし、Demand Indexは前年比で1%増加し、12か月以上ぶりの年間増加を示しています。なお、この指標は昨年の同時期に住宅ローン金利の急上昇に伴い急下落しました。

 

住宅購入需要の低下は、高い住宅ローン金利と住宅供給不足によるものです。週平均の金利は6.79%に達し、昨年11月以来の最高水準となっています。そのため、多くの人々が住宅市場から排除され、米国の典型的な住宅購入者の月々の支払いは2,651ドルに達し、約1年前から約350ドル増加しました。

 

また、住宅の供給不足も販売を抑制しており、新規物件のリストアップは前年比で23%減少し、総物件数も3%減少しています。

 

ただし、それにもかかわらず、潜在的な購入者は市場で依然として活発です。多くの人々は、住宅ローン金利が6%程度まで下がり、より多くの物件が市場に出回るのを待っているのです。

 

フェニックスのRedfin社のPremierエージェントであるHeather氏は次のように述べています。

「奇妙な週でした。一部の購入者は全額現金でオファーを出しています。他の住宅購入希望者は、住宅ローン金利が下がり、より多くの物件が市場に出回るのを待って、物件探しを保留にしています。そして、より賢明な購入者は、住宅ローン金利の購入割引や将来のリファイナンス計画を進めています。今日の住宅市場の利点は、在庫不足が価格を支え、売り手が有利な価格を得られるということです。」

   

現在の住宅市場にはいくつかの課題がありますが、需要の一時的な低下や住宅の供給不足にもかかわらず、多くの購入意欲がまだ存在しています。住宅ローン金利の下落と物件の増加を待ち望む人々がいることは、市場の光明であり、売り手にとっても有利な価格を維持していることは間違いありません。