住宅購入の支出は増加も、延滞率は低水準を維持

2022-10-04 住宅市場動向 adminc

P&I (支払対収入)比率の高さは1980年来以来 ・9月後半の金利は6.29%、平均的な住宅購入の元利払いに世帯収入の中央値の36.6%が必要で、これは1985年5月以来最大の割合 ・当時の30年物住宅ローン金利は12.9%と現在の約2倍だったが、所得と住宅価格は比較的安定していた ・平均的な価格の住宅を20%の頭金で購入するために必要な月々の住宅ローン支払額(P&I)は、昨年の同時期と比較して840ドル増加し、66%という驚異的な伸びを示している ・今後数ヶ月は、購入しやすい価格の問題が再燃し、購入量と価格の両方に下押し圧力がかかると思われる 延滞率は依然、歴史的低水準を維持 ・8月の全米延滞率は10BPS低下して2.79%となり、今年5月に記録した過去最低水準からわずか4BPSの低下となった ・ここ数ヶ月着実に低下していた90日以上の延滞から現状復帰したローン件数は、前月の5万8千件から8月には6万2千件とわずかに増加 ・差し押さえ開始件数は15%増の2万件となったが、流行前の水準を44%下回っており、特に問題はない