住宅需要に回復の兆し?

2022-12-28 住宅市場動向 adminc

住宅価格と住宅ローン金利はピークアウト?

典型的な米国の住宅は、2022年12月18日までの4週間で約352,000ドルの価格で販売されました。

これは、2022年6月の391,000ドルのピークから約10%下落し、前年比わずか1%の上昇となります。

住宅ローンの平均金利は6週連続で6.27%に低下し、10月下旬に7%のピークに到達して以来、月々の住居関連費から300ドル近く低下しました。

これにより、売り出し中の中古住宅は2020年8月以来の最長となる39日間となり、過去最大の住宅供給量の増加に貢献しています。

住宅価格の伸びの鈍化、住宅ローン支払い額の減少、住宅供給量の増加によって2022年第2四半期から続いていた売り手市場から買い手市場へと逆転しつつあります。

 

住宅ローン申請件数は先月から4.6%上昇し、内見や検索サービスの利用件数も増加傾向にあります。

2021年の住宅ブームの波に乗れなかった人々は、今ようやく、希望する物件を内見し、売り手と条件交渉に時間をかけることができるため、住宅市場は再び熱を帯びてきているのです。

 

しかし、2022年初頭ほどの過熱感はなく、その水準に戻るには時間を要すると考えられます。

新築住宅販売は10月と11月の2か月連続で増加しておりますが、中古住宅販売は引き続き低調推移しております。

通常、中古住宅販売件数のデータは遅行しますので、今後数か月で改善されていくものと考えます。

過去の記事もご覧ください:11月 新築住宅販売は2か月連続で増加!

 

住宅価格は、米国で最も人口が多い50都市のうち14都市で前年比で下落。その半数はカリフォルニア州。

今月は50都市のうち14都市でしたが、前月は50都市のうち5都市のみで価格の下落が見られました。

サンフランシスコ(カリフォルニア州)で前年比-9%、ピッツバーグ(ペンシルベニア州)-6.2%、サンノゼ(カリフォルニア州)-5.8%、ロサンゼルス(カリフォルニア州)-4.7%、オークランド(カリフォルニア州)-4%、デトロイト(ミシガン州)-3%、オースティン(テキサス州)-2.2%、サクラメント(カリフォルニア州)-1.8%、フェニックス(アリゾナ州)-1.8%、シカゴ(イリノイ州)-1.1%。

また、リバーサイド(カリフォルニア州)、アナハイム(カリフォルニア州)、シアトル(ワシントン州)、ニューヨーク(ニューヨーク州)では1%未満の下落でした。

注目すべき点は、ニューヨークの価格が前年比で下落したのは2020年6月以来、

ロサンゼルス、ピッツバーグ、フェニックスは2015年以来の最大下落幅であるということです。

 

住宅関連の先行指標:

  • 12 月 22 日週の 30 年住宅ローン金利は6.27%まで低下し、これは6 週間連続の低下となりました。

  • 12 月 21 日週の住宅ローンの購入申し込みは、前の週からほぼ横ばいで、前の月から 4.6% 増加しました。しかし、住宅ブーム真っただ中の前年からは-36%となりました。

  • 12 月 18 日までの 4 週間で、季節調整済みの Redfin 住宅購入者需要指数 (Redfin エージェントからのホーム ツアーやその他の住宅購入サービスのリクエストの指標) は、1 週間前からわずかに上昇し、1 か月前から 6.5% 上昇しました。しかし、住宅ブーム真っただ中の前年からは -24%となりました。