40年ぶりの住宅ローン金利低下で月々100ドルの節約が可能に

2022-11-29 住宅市場動向 adminc

前週のインフレ率の発表が予想を上回ったため、住宅ローン金利は1日で過去最大の下げ幅となり、週間では1981年以来最大の下げ幅となり、11月17日までの1週間で7.08%から6.61%に低下しました。これは住宅購入予定者にとっては明るいニュースとなり、11月11日週の住宅ローン申し込みは、前週比4%増となりました。

月々の住宅ローン返済額は、住宅ローン金利7%台で2,542ドルだったのが、現在は2,430ドルになっています。 つまり、月々2,500ドルの予算で家を購入する人は、今日の6.6%の金利だと380,750ドルの家を購入でき、1週間前より12,000ドル高い家を購入できることになります。 同じ人が前週の金利7%だと36万8750ドルの家しか買えませんでした。

しかし、住宅ローン金利はまだ1年前の2倍以上であり、Redfinの住宅市場データではまだ住宅購入や売却への関心は高まっていません。 11月13日までの4週間の住宅販売保留件数は前年同期比35%減で、年間では過去最大の減少幅となりました。 RedfinのHomebuyer Demand Index(住宅見学などの住宅購入サービスの依頼状況を示す指標)は、前週から変化はなかったものの、今年初めや昨年に比べて大幅に減少しています。

住宅ローン金利の歴史的な低下は、住宅市場にとって”良いニュース”です。 しかし、インフレの鈍化と住宅ローン金利の大幅かつ着実な低下という、より一貫した証拠が長期にわたって確認されるまでは、この影響は軽微なものになると予想されます。販売待ちと新規リスティングは減少を止めるかもしれないが、インフレを抑制するFRBの取り組みが機能しているという確証が得られるまでは、大きな盛り上がりは見られない可能性があります。

Redfinチーフエコノミストであるテイラー・マー氏は「できるだけ早く住宅を購入する必要がある真剣な買い手は、同じ住宅が1週間前に契約していた場合よりも、月々100ドル以上安くなる可能性があることを知っているので、今週中に住宅に飛びつくことができます 。もっとカジュアルなバイヤーは、インフレと高金利の最悪期が過ぎ、毎月の支払いがもっと下がるかもしれないと慎重に楽観視する理由があるので、もう数ヶ月待ちたいかもしれません。」と述べました。

少なくとも、住宅ローン金利の下落は住宅市場にとって明るいニュースであることには違いありません。